八重ガ~八重歯ガールの全て~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

過去の八重歯をまとめて補完する~70年代

このサイトで取り上げている過去の八重歯スターに漏れがあることは自覚していたのですが(とくに70年代・80年代)、「八重歯」の定義が俗語で曖昧であることをいいことに、補完をさぼっておりました。

八重歯決起集会開催を機にまとめてカバーしたいと思います。

で、まずいきなり大御所・山口百恵(片八重歯・不明)。私としてはもちろん百恵ちゃんが八重歯というのは認識していましたし、テレビに出演した際も紹介はしたのですが、この人の場合(初期松田聖子などと同様)「八重歯のアイドル」という認知がどこまでされてたかやや疑問だったのでここでは取り上げていませんでした。

イベントの際のアンケートで「百恵ちゃんの八重歯に憧れていた」旨の回答をいただいたことで、やはり取り上げるべきなのかなと思いましてご紹介。

この人の場合、中三トリオの頃から、引退時までにかなりイメージは変わったのですが、引退時まで八重歯はそのままでした。

momoechan.jpg

--------------------

続きまして、黒木真由美(片八重歯・卒業済)。
純粋日本人なのにその顔立ちからインディアンギミックを背負ってデビューした人という印象がありますが、この人も八重歯。健康的な小麦色の肌に白い八重歯が光っていました。

kurokimayumi.jpg

ちなみにこの人の娘さんも芸能人です(黒木マリナ)。

kurokimarina.jpg

しかし八重歯ではない。

昭和を代表する男性八重歯国広冨之の娘、谷内里早も八重歯ではないように、八重歯が遺伝しない不思議。
アゴの大きさや歯の大きさが遺伝で決まることを考えると、天然であれば子供も八重歯になってもいいと思うのですが、昔の自分の経験を踏まえ矯正したりしてしまうのでしょうね。

--------------------

そして麻丘めぐみ(片八重歯・現役)。

この人も八重歯というよりは姫カットのイメージがあって、取り上げていませんでしたが片八重歯です。
しかも、今50代半ばですが、未だに八重歯は現役。アグネス・チャンと並ぶ熟女現役八重歯の代表と言えましょう。

asaokamegumi.jpg

まだまだ補完不足とのお叱りを受けるかもしれませんが、今日はここまでで。
  1. 2011/02/27(日) 10:52:27|
  2. 1970年代の八重歯
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。