八重ガ~八重歯ガールの全て~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東アジア最後のフロンティアか

過去、このブログではアジアにおける八重歯文化について何度か取り上げています。

もちろん日本は例外的に八重歯趣味が発達した国なのは間違いないのですが、アジア、とくに東アジアの国々はこれだけ地理的に近く、外見的にも似ていながら、それぞれ八重歯に対して異なる感情を抱いています。


そんな東アジア各国の八重歯観を踏まえ、今回の話です。

--------------------

先日上海に行った際、地元在住の方に「日本では行けないようなところに連れて行って下さい」と頼んだところ、北朝鮮レストランに連れて行ってくれました。

北朝鮮が外貨獲得のために各国に開いているという北朝鮮レストラン。さぞやいかがわしそうな路地裏にあるかと思いきや、意外にもパークソン(マレーシア資本の百貨店)の5階というカジュアルな場所に。

料理はほぼ韓国料理と同じで、ピョンヤンから来たという女子学生がウエイトレスをしています。

北朝鮮レストランの名物はこのウエイトレスの皆さんが、歌やら楽器やら踊りやらのショーを見せてくれるところ。我々は個室だったため、ステージでのショー以外にも個別に演技を見せてくれました。



そこで気付きました。”ウェイトレスに異常に八重歯の子が多い”と。

十数人ウェイトレスさんがいましたが、半分以上がキレイな八重歯です。
今日び日本人でもここまでの八重歯率ではありません。もしや八重歯好きにとって北朝鮮は最後の楽園か。

そこで、なぜ北朝鮮レストランのウエイトレス女子学生にこんなにも八重歯が多いのか、ちょっと考えてみました。
北朝鮮はああいう国ですので、国外に出ているのは、それ相応の選ばれた女性です。

そういった女性の選抜はある程度低年齢で行われるとの噂ですので、選ばれて以後は食事なども比較的上流階級っぽいのではないかと推測されます。

ここで思い出されるのが、かつての日本。庶民は固いものばかり食べている結果歯並びが良く、将軍家は幼少期からやわらかいものばかり食べるため八重歯になったという歴史があり、そしてそれが日本八重歯文化の礎(いしずえ)にもなったとも言われています。

もしかしたら、今の北朝鮮は、江戸時代の日本のように上流階級ほど八重歯という状況なのかもしれません。
ならば、北朝鮮にも八重歯文化が育つ土壌が十分にあると言えるのではないでしょうか。

もちろん私が見たのは、上海のたったひとつのお店のみ。それで北朝鮮に八重歯文化ありと断定するのはさすがの私でも憚ります。北朝鮮事情に詳しい方いらっしゃいましたら、北朝鮮と八重歯の関係について情報をお寄せ下さい。


  1. 2010/04/03(土) 17:47:12|
  2. アジアの八重歯
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。