八重ガ~八重歯ガールの全て~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近の注目八重歯

恒例の最近の注目八重歯です。

まずは競泳選手の渡部香生子(両八重歯・現役)。

kanakowatanabe2.jpg

先日おこなわれたジャパンオープンで突如現れ、平泳ぎ三冠に輝いた新星。
まだ14歳なので八重歯的には直すリスクが高い年齢なれど(所謂「八重歯青田買い」)、これからロンドン五輪に向け「第二の岩崎恭子」として注目を集めるだけに、こちらも熱い視線を送っていきたいと思います。

昨今、芸能界やモデルは「歯を直してから人前に」という風潮がはびこっているため、次なる八重歯スターはスポーツ界であろうと予想していましたが、十分にその候補となる可能性を秘めています。

世界がこの八重歯スマイルに魅了されるその日まで応援しましょう。

-----------------

続きまして武田華奈(両八重歯・現役)。

takedakana1.jpg

フジテレビの「その顔が見てみたい」という番組で、「八重歯が可愛い熊本弁美女」として紹介された彼女。

どこかで見た八重歯だな、と思ったら2年前に取り上げていたミス西南学院大の子ですね。

地元で芸能活動をしているようなので今後も九州の方は目にする機会が多いのではないでしょうか。

-----------------

最後は竹中夏海(両八重歯・現役)。

natsumisensei.jpg

何度もいろんな方からおすすめメールを頂いていたにもかかわらずご紹介が遅れてすみません。

最近オリコン1位にもなったアイドルグループぱすぽ☆の振付師の先生です。
自身も子役時代から芸能活動をしていた経歴の持ち主で、且つアイドルおたくでも有名。

しかし振付師の先生がこんなにがっつり八重歯でありながら、10人組のぱすぽ☆には八重歯らしい八重歯がいないのが不思議。

複数人アイドルグループ戦国時代を勝ち抜くには一人は八重歯を入れないと。

-----------------

ということでこれからも皆様の情報お待ちしております。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/29(日) 07:31:18|
  2. 2000年代の八重歯

八重歯の語源を探る その2

yaeko_yaeba.jpg

前回、俎上にあげた「八重歯」の語源は「水谷八重子(初代)」説の真偽についてもう少し調べました。

水谷八重子が活躍していたのは1920年代以後。

以前に八重歯について書かれた作品として紹介した太宰治の「人間失格」は1948年、川端康成の「眠れる美女」は1960年なのでいずれもこの後。

もしや本当に八重歯の語源は水谷八重子なのでしょうか。
水谷八重子の関係の書籍をあたったものの、彼女の歯並びに関する記述はなくもやもやとしていたところ、見つけました。

よくよく考えれば単純なことですが1904年版の国語辞典「言海」に「八重歯」がちゃんと載っています。

やへば【八重歯】古名オソバ。歯ノ傍ニ別ニ片寄リテ生ズル歯。ソヒバ。オサヘバ。

ということで「八重歯の語源は水谷八重子」は間違いということがわかりました。
とはいえ、上記写真のように彼女が素晴らしい八重歯で、そしてその八重歯がひとつのチャームポイントとして愛されていたのは事実。八重歯史の1頁目として記すべき女優さんであることは間違いありません。
  1. 2011/05/17(火) 23:01:18|
  2. 八重歯歴史

八重歯の語源を探る

Yaeko_Mizutani.jpg

「八重歯」という表現の語源には諸説あります。

もともと辞書的な意味では「八重歯」=「重なり合って生えた歯」ですので(決して犬歯のことだけを指しているのではありません)、「八重桜」などと同様、重なりあっていることをオーバーに表現したという説もありますし、元は「弥重歯」と書き「弥」の字が強調の意味なので「強く重なっている歯」から転じているという説もあります。

そしてもう一つ、水谷八重子の歯並びからきているという説もあります。

水谷八重子の歯だから「八重歯」。ちょっと出来すぎのような気もします。
ご覧の写真の通り、水谷八重子は、今我々言うところの綺麗な両八重歯なのですが、本当でしょうか。
(こちらのブログの写真(下の方)はもっとわかりやすい八重歯です)

初代水谷八重子(今の水谷八重子は二代目で初代の娘)は1905年生まれ。1916年あたりから舞台での女優活動を始め、高校を卒業した1923年あたりから新劇の中心的女優として活躍し、映画にも出演しています。

谷崎潤一郎が八重歯について書いた随筆「懶惰の説」が1930年の作ですので時期としてはズレてはいません。

今はあまり言いませんが、八重歯を表す表現として「押歯(おしば(忍歯とも))」や「添歯(そいば)」という別な言い方があり、仁徳天皇の孫の「忍磐皇子(おしはのみこ)」など昔はそちらの方がよくつかわれていました。
それが、この時代あたりから「八重歯」という表現が定着したことを考えると、八重歯=水谷八重子起源説はあながち嘘でもないのかもしれません。

少なくとも、八重歯のアイドル的存在の元祖が水谷八重子というのはまあ間違いのないところでしょう。
ちなみに「水谷八重子」の本名は「松野八重子」で「八重子」の部分は本名のまま。八重歯だから八重子にしたわけではないようです。

お歳を召した方でこのあたりの事情をご存知の方、いらっしゃいましたら是非ご連絡下さい。
  1. 2011/05/04(水) 19:54:12|
  2. 八重歯歴史
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。