八重ガ~八重歯ガールの全て~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テレビに出ます

mainvisual.jpg

日本テレビ系列の「新型学問はまる!ツボ学」という番組に出ます。
12/1の23:58~だそうです。

どうしてもテレビというメディアの特性上、言葉足らずになってしまうとは思ったのですが、日本における八重歯文化を守るという当サイトの主旨踏まえまして、出演しました。

ご笑覧いただき、少しでも日本における八重歯の文化的特性にご興味を持って頂くとともに、コンプレックスで悩まれている八重歯の皆様に少しでも勇気と自信を分けられたらと思っております。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/27(土) 10:07:12|
  2. 雑誌・テレビ・ラジオなど

名わき役

以前にもお話したとおり「八重歯」というのはあくまで俗称で明確な定義があるわけではありません。

従って、人によってこの人は八重歯、という定義がブレるのはしょうがないこと。
犬歯の尖り具合を重視する人、犬歯の上がりっぷりを評価する人、それぞれです。

裏返して言えば、あなたが八重歯だと思えば、その人は八重歯と言ってもいいでしょう。

そんな中、私が「この人は八重歯」と言えるポイントとして重視しているのは前歯と犬歯の間の歯(所謂右上2番と左上2番)。ここが八重歯と前歯に押されて引っこんでいると、ぐっと八重歯度が上がります。

さらに犬歯が鋭角で、末広がりだったりするとかなり理想の八重歯に近づきます。

例えば↓こんな。

wakabayashiserina4.jpg

逆に世間的に「八重歯」と言う人が多い↓この人は、私的には八重歯とは言い難い。

oshima.jpg

やはり左右の上2番が奥に控え、主役の前歯・犬歯を目立たせてこそ際立った八重歯感が出ます。
そういった意味では、彼らは名わき役と言えるでしょう。

八重歯鑑賞の際は、彼らに助演賞をあげる気持ちで見ていただきたいと思います。
  1. 2010/11/23(火) 08:44:25|
  2. 八重歯あれこれ

最近の注目八重歯

連続ですみません。引き続き最近注目の八重歯を。

めざましテレビ「Mottoいまドキ」に出ているモデルのラブリさん(両八重歯・現役)。

lovely-s.jpg

赤文字系雑誌や、平子理沙が絡んでいる系の雑誌ではほぼ絶滅しつつある八重歯モデルさん。

顔立ちといい、立ち姿といい極めてモデルっぽいのに笑うと見える八重歯というギャップが素晴らしい。
これまでは、どちらかというと幼い顔の女性に八重歯というパターンが多かったこの業界ですが、先日のミスコン八重歯さんなど、昨今のトレンドは美人顔で笑うと八重歯のパターンかもしれません。
  1. 2010/11/14(日) 09:08:33|
  2. 2000年代の八重歯
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。