八重ガ~八重歯ガールの全て~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

篠原ともえ

shinoharatomoe.jpg
篠原ともえ(両八重歯・現役→卒業(こちらご参照
1979年生まれ。東京都出身。

ハイテンションなしゃべくりと独特のファッションでかつて多くのフォロワーを生んだシノラーこと篠原ともえ。

そろった前髪にお団子、過剰なアクセサリーに、オリジナルなコーディネート。特徴が多すぎて霞んでしまっていましたが、彼女もまた、素晴らしい八重歯の持ち主です。

こういう類の女性は、必ず逆を張って「キレイに」撮りたがる輩が出てくるもの(ベッキーとかもそうです)。篠原ともえもいつのまにか、キレイ系の写真が増えてきました。

そうすると、嫌が応にも目立つのが八重歯です。

いろんなアクセサリーをそぎ落として、彼女に最後に残ったアイテムが八重歯だったわけです。

その八重歯どんなアクセサリーよりキレイです。
何それ口説き文句?
スポンサーサイト
  1. 2007/11/16(金) 23:38:39|
  2. 1990年代の八重歯

前田由紀(Whiteberry)

maedayuki.jpg
前田由紀(現Yukki) (両八重歯・現役)
1985年生まれ。北海道出身。

前田由紀とgoogleで検索すると「もしかして:前田有紀」(テレビ朝日アナウンサー)と聞き返されてしまう前田由紀さんですが、1999年にデビューし、夏祭りなどのヒットで知られたWhiteberryのボーカルとして有名でした。

そしてそれ以上に度肝を抜かれたのは、芸能史上に残るほどのすさまじい八重歯。このあたりのPVを見ると、唇もいわゆる八重歯くちびるでにゅいんにゅいんです。

最近の写真を見ると、大人と子供の中間みたいな外見で、なかなか方向性が定まらなさそうな感じですが、八重歯は顕在なようです。

また八重歯全開で歌う彼女を見られる日がくることを祈りましょう。
  1. 2007/11/13(火) 23:27:22|
  2. 1990年代の八重歯

平山あや

hirayamaaya.jpg
平山あや(片八重歯・現役(ちょっと目立たなくなった気も))
1984年生まれ。栃木県生まれ。

ときは1998年。
能瀬慶子から20年。ひさしく登場していなかったホリプロスカウトキャラバン八重歯の歴史に、平山あやの名が刻まれました(当時は平山綾名義)。

これ以後、ホリプロは、福井未菜、板野友美等、再度八重歯タレントへ寛容な事務所へと戻ります。
和希沙也はちょっと例外だったということで。

ウォーターボーイズのときがかわいさのピークだったなどという意地悪な見解をおもちの方もいるようですが、この八重歯が残っている限り、きっと大丈夫でしょう。

平成教育学院の漢字テストで「叢生」って出たら読めるようにしておいてください。
  1. 2007/11/09(金) 23:13:40|
  2. 1990年代の八重歯

坂下千里子

sakashitachiriko.jpg
坂下千里子(片八重歯・現役)
1976年生まれ・京都府出身。

王様のブランチからバラエティ番組に息長く出演し続ける坂下千里子。
その口元にも八重歯が光っています。今も現役です。

バラエティを主戦場にする女性タレントは、笑うリアクションもひとつの仕事のため、大口をあけて笑う機会が多くなります。

その割には、テレビで見かける女性たちは、必ずしも歯並びが良い人ばかりではありません。

モデルであれば、世間は彼女たちに「理想」を見るため、早いうちから歯列矯正をしますが、バラエティの人は「親しみやすさ」を重視するので、そこは気にしません。むしろ、その「スキ」を世間は好みます。

結果として、今、坂下千里子は芸能界のこの位置で、八重歯のままいられるのでしょう。ビバ八重歯。
  1. 2007/11/07(水) 00:00:26|
  2. 1990年代の八重歯

ソ・ジヨン

sharp.jpg
ソ・ジヨン(両八重歯・卒業済)
1981年生まれ。ソウル出身。

欧米に比較すると、アジアは八重歯に寛容と言われています(その中でも日本は特別ですが)。しかし、韓国は、八重歯に対する風当たりがひじょうに強いとのこと。

巷間言われるように韓国は外見に対するこだわりが強く、美容整形的なものに対する抵抗が少ないのも相まって、八重歯の有名人が育つことはほとんどないようです(日本で有名な韓流スターの皆さん(ヨン様とか)は異様に美しい歯並びをしてますよね)。

そんな中、1998年にデビューした男女混合ユニットS#ARPの中心メンバー、ソ・ジヨンは驚くほどの素晴らしい八重歯でした。

グループは2002年に女性メンバー同士の諍いが原因で解散。
2005年にソロデビューした彼女の口元からは八重歯は消えていました。

日本でもよくテレビに出ているリュ・シウォンの元恋人として知られる彼女。韓国では例外的な八重歯有名人として、輝き続けてほしかったのですが……。

韓国でも八重歯フェチ文化が成熟していくことを願ってやみません。
  1. 2007/11/04(日) 10:51:32|
  2. 1990年代の八重歯

YUKI

yuki.jpg
YUKI(両八重歯・卒業済)
1972年生まれ。北海道出身。

35歳(私とタメですね)、二度の出産を経ているにも関わらず、声のイメージやファッションもあり、年齢よりも相当若くみられることの多いYUKI。何度も言っていますが、八重歯も若く見えることに一役買っています(最近矯正しましたが)。

私も今35歳で八重歯ですが、大概20代後半にしか見られませんし、外国に行くとへたすりゃ20代前半に見られます。え?それ自慢?ええ。自慢です。

ところで、YUKIは数年前、八重歯を矯正したのですが、プロモーションビデオなんかを見ても、なんだかまだ八重歯のように見えます。
なんでだろうと、いろいろ観察してみると、この人の唇はいまだに八重歯唇なんですね。中の歯はキレイなのに、唇はにゅいっとしている。

その八重歯の名残、大切に。
  1. 2007/10/27(土) 22:45:41|
  2. 1990年代の八重歯

広末涼子

hirosueryoko.jpg
広末涼子(片八重歯・現役)
1980年生まれ。高知県出身。

80年代後半から続いた八重歯暗黒期。
その暗黒期を打ち破ったのは当時16歳の広末涼子のポケベルのCMでした。

広末涼子の八重歯を見て、私もポケベルを始めようかと思ったものです(当時はポケベルは女子高生のもので私はもう年齢的にとうがたってましたが)。

また、広末涼子といえば、鈴木亜美とならんで、アヒル口の代名詞的な時代がありましたが、あれは違います。アヒルじゃないんです。

八重歯が唇にひっかかるいわゆる八重歯口です。

お間違えなきよう。
  1. 2007/10/25(木) 23:23:19|
  2. 1990年代の八重歯

佐野量子

sanoryoko.jpg
佐野量子(両八重歯・現役?)
1968年生まれ。静岡県出身。

芸能人やスポーツ選手の間は不倫や浮気の噂は数々ありますが、「独身の男性有名人をめぐって、独身の女性芸能人2人が火花をちらす」という絵に描いたような三角関係が表ざたになることは、そうはありません。

90年代バブル華やかなりし頃、2つの大きな三角関係が週刊誌をにぎわしました。

ひとつは、キングカズこと三浦知良を争った設楽りさ子と田中律子。
そしてもうひとつが、天才ジョッキー武豊を争った畠田理恵と佐野量子です。

この90年代2大三角関係。前者のカズは93年に設楽りさ子と結婚。八重歯の田中律子は一敗地にまみれました。

しかし、95年武は八重歯の佐野量子を選びました。

八重歯対非八重歯。1勝1敗のこの勝負。次の勝負では是非八重歯が決着をつけてほしいと思います。
  1. 2007/10/24(水) 23:00:02|
  2. 1990年代の八重歯

hiro(島袋寛子)

hiro.jpg
hiro(島袋寛子) (両八重歯・卒業したようです(2010/7追記))
1984年生まれ。沖縄県出身。

4人組グループSPEEDで、12歳でデビューした島袋寛子。
年齢離れした歌唱力とキンキンの高音域で人気を博した彼女は、アジアな顔立ちに八重歯が光る幼い少女でした。

時がたち、SPEEDは解散し、名前をhiroと変え、ずいぶん落ち着いた歌も歌うようになった彼女ですが、未だに八重歯は健在。

これからも大人の八重歯の女性として活躍を願ってやみません。

ちなみに、2006年公開の映画「バックダンサーズ」では石野真子と親子役という、八重歯共演(もちろん石野真子は矯正済みですが)が実現しました。この映画には平山あやも出ており、いわば八重歯映画と言っても過言ではないでしょう。そんな視点で見てるの私だけかもしれませんが。
  1. 2007/10/23(火) 21:24:00|
  2. 1990年代の八重歯

上村愛子

uemuraaiko.jpg
上村愛子(両八重歯・現役)
1979年生まれ。兵庫県出身。モーグルスキーヤー。

長野五輪直前のIBMのCMで世間にモーグルという競技を知らしめるとともに、愛くるしい八重歯でアイドル並みの人気を博しました。

スポーツ選手は、どんな競技でも歯をくいしばる関係で、あまり八重歯はいません。
そんな中、彼女が3度の五輪を経てもなお、八重歯でいることは八重歯好きには心強い限りです。

彼女の自身4度目のオリンピック。
八重歯全開でメダルを噛むしぐさで微笑むことを、みんなで祈りましょう。
  1. 2007/10/21(日) 14:21:43|
  2. 1990年代の八重歯

徳仁親王妃雅子


雅子妃殿下(両八重歯(右はやや軽い)・現役)
1963年生まれ。東京都出身。現在の皇太子妃。

1993年にご成婚された皇太子妃雅子様。噂伝わるところによると、一国のプリンセスが歯列矯正をしていないことに、外国は衝撃を受けたとか受けないとか。

大きなお世話です。

八重歯を「醜い」ではなく「かわいい」と感じられる特異なメンタリティを持つ日本人。
そのプリンセスが八重歯なんて素晴らしいじゃないですか。

昨今、体調すぐれないご様子ですが、八重歯好きの観点からも心から心配しております。早く八重歯の笑顔をお見せください。
  1. 2007/10/20(土) 21:15:52|
  2. 1990年代の八重歯
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。